Verizon Cyber Risk Monitoring

cyber risk monitoring

​Verizon Cyber Risk Monitoring の特徴

  • サイバーリスク・セキュリティ対応度合い評価の可視化、把握が可能

  • サプライチェーン/取引先のセキュリティリスクも把握

  • ダークウェブでの自社関連情報にも対応

  • ソフトウェアインストールやハードウェアの導入は不要

自社がさらされている脅威と脆弱性を把握し、必要な対策を状況に 合わせて実施するためにも、継続的な可視化が重要です!

経営層の関与

サイバー攻撃による被害の深刻化・被害内容が複雑化しており、企業信頼に直結となる

M&A対応
買収予定の企業のセキュリティ達成度および潜在リスクを把握したい

​サプライチェーンリスク

既存及び新規取引を検討している企業のセキュリティ対策は、自社が求める要件を満たしているのか?

グローバル対応

子会社・海外拠点含む現状リスクを把握し、ガバナンス・セキュリティ強化を推進したい

人的リソース依存の限界

事業継続と並行しての人的なビジネス/セキュリティリスクプロファイリングでの評価は限界がある

各種フレームワーク対応

ビジネス・事業変化に応じたセキュリティフレームワークでのFit & Gapを把握できないか?

※経済産業省による経営者向け注意喚起

 https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201218008/20201218008.html

 背景

  • 中小企業を巻き込んだサプライチェーン上での攻撃パターンの急激な拡がり

  • 大企業・中小企業等を問わないランサムウェアによる被害の急増

  • 機微性の高い情報の窃取等を目的としたと考えられる海外拠点を経由した攻撃の深刻化

Verizon Cyber Risk Monitoring がそのような状況を解決します!

  • ​経営層と現場で共通のツールを活用し情報共有

  • 自社だけでなく子会社/グループ会社、サプライチェーン/取引先含めたサイバーリスクを可視化、把握

  • リスクを可視化し、適切な意思決定を効率的に実現

  • 業界屈指のセキュリティ企業各社が適用するワールドクラスのソリューションをベライゾン独自のインテリジェンスで統合的ソリューションとして提供 

 ※Verizonは、世界最大級のグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドプロバイダーです